News & Blog 【キャラクターデザイン科】JAMお仕事紹介BOOK『magの歩き方』キャラクター紹介

【キャラクターデザイン科】JAMお仕事紹介BOOK『magの歩き方』キャラクター紹介

みなさんこんにちは。

キャラクターデザイン科のコマガタです。

 

キャラクターデザイン科は、在学中に様々なイラストのお仕事できます。

 

年間で約300点!!

 

すごい数ですねー。

 

外部企業様からのイラストはもちろん、校内でも学生へのお仕事依頼があります。

今回はそんな、「内部のお仕事」イラストのご紹介と共に、

 

 

「JAMを卒業するとどんなお仕事につけるの?」

 

 

をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

【マンガ家】

 

マンガを描くことを仕事としている人。

種類は、少年マンガ、青年マンガ、少女マンガなど多彩なジャンルがあります。最近では、電子書籍やWEBコミックで作品を発表するマンガ家も急増中。今やマンガは代表的な日本文化と言われており、成功すれば高収入を得ることもできます。

 

マンガクリエイト科

コミックイラスト科

マンガ・イラスト総合学科

 

 

【マンガ家アシスタント】

 

マンガ家の作画アシスタントとして生計を立てている人。
細密でクオリティの高い絵が求められる今、アシスタントなしでマンガを連載するのは不可能に近いと言われています。有名マンガ家についた場合は、福利厚生も完備され、一般社員を越える収入がある場合もあります。

 

マンガクリエイト科

マンガ・イラスト総合学科

 

 

【マンガ原作者】

 

自分ではマンガを描かず、物語や設定などを制作する人。マンガ家はそれに沿って作画し、作品を仕上げます。
マンガ原作者は脚本だけを担当する場合と、コマ割りやセリフ・動きを指示したネームまで担当する場合があります。そのため文章力、セリフと画を表現する構成力が求められます。

 

マンガクリエイト科

マンガ・イラスト総合学科

 

 

【イラストレーター】

 

雑誌の表紙や広告のイラストなどを描くのが仕事。
実力と個性(センス)がものを言う職業なので、常にそれらを磨く努力が不可欠です。基本的に、クライアントからの依頼に応じてイラストを仕上げていくので、その要望をうまく取り入れて、注文にあった作品を提供する能力も必要となります。

 

コミックイラスト科

マンガ・イラスト総合学科

 

 

【グラフィックデザイナー】

 

ポスターやパッケージなど、商品の宣伝に関わり、かつ平面的なもののデザインをします。最近はWEBやCMなどのデザインを含む場合も。
また作業の多くをコンピュータで行うため、そのソフトを操作できるスキルも必要。就職先は広告代理店や企業の宣伝部、デザイン事務所など様々です。

 

コミックイラスト科

キャラクターデザイン科

マンガ・イラスト総合学科

 

 

【ゲームグラフィッカー】

 

ゲームの登場人物や背景など、ゲームに使用されるイラスト全般を制作します。一般的にゲームの内容に沿ってデッサンし、そこからグラフィックを制作することが多いので、確かなデッサン力とパソコンを使って描く技術が必要。ゲーム制作会社で経験を積んだ後、独立する人も多いのが特徴です。

 

キャラクターデザイン科

3Dアニメゲームクリエイター科

 

 

【挿絵作家】

 

挿絵とはイラストレーションの一種で、雑誌や新聞、小説などで、読者の理解を助ける目的で入れられる絵のことを言います。どの場面をどのように描くかなど編集部からの注文は比較的少なく、挿絵作家に任されているのが一般的。場面を想定したイラスト表現ができるという点において自由に描けることが多いので、とてもやりがいのある仕事です。

 

コミックイラスト科

マンガ・イラスト総合学科

 

 

【絵本作家】

 

絵本は子供たちだけでなく、大人にも夢や希望、そして癒しを与えるものです。この絵本を物語と絵によって生み出すのが仕事。
絵本作家には、個性ある絵を書く技術を持っていることはもちろん、日常生活の中にある良い話を拾い上げることができる洞察力や想像力も重要です。

 

コミックイラスト科

マンガ・イラスト総合学科

 

 

【アニメーター】

 

テレビや劇場で公開される作品などに使われるアニメーションを作成するのが仕事です。具体的には原画の作成と動画の作成の2つに分けることができます。いずれも根気と正確なデッサン力が必要。
アニメーターの腕次第で作品の出来が左右されることも多いと言われる重要な職種です。

 

アニメーター科

3Dアニメゲームクリエイター科

 

 

【アニメ制作進行】

 

その名の通りアニメの「制作」をスムーズに「進行」するのが仕事です。
シナリオに始まり、絵コンテ、作画打ち合わせ、レイアウトといった工程から、以降、完成までのすべてに関わります。アニメ制作の多くの工程に関われるため、アニメ好きにとって、もっとも幸せな仕事と言えるかもしれません。

 

アニメーター科

 

 

【アニメ仕上げ】

 

アニメ原画の色彩設定の指定通りに着色するのが仕事です。アニメーターが描いた素材に、指定された色を着彩し仕上げていきます。
かつてはアナログ処理でセルにトレースしたり、色をつけていましたが、近年はコンピュータを活用したデジタルペイントが主流となっています。

 

アニメーター科

 

 

【アニメ背景制作】

 

アニメの原画に指定されたシチュエーションに合わせて背景を作成するのが仕事です。単に指示どおりに作るのではなく、絵や色付けもその人の個性や画力がポイントになります。
クライアントに信頼されている制作者は、自身のアイデアがそのまま作品の世界の一部になることもあります。

 

キャラクターデザイン科

アニメーター科

 

 

 

 

 

こちらの冊子が制作されたのが約4年前。

新学科の3Dアニメゲームクリエイター科が新設され、新たに「なれる職業」がグッと増えました!

3DCGデザイナー、3DCG背景デザイナーなどなど・・・

 

 

時代の流れに合わせて職業もイラストも多様化していきます。

 

おもしろい時代になってきましたね!!

 

以上、キャラクターデザイン科のコマガタでした。

 

一覧を見る