News & Blog 【キャラクターデザイン科】2020年大晦日の内定者インタビュー「センスは努力の積み重ね」

【キャラクターデザイン科】2020年大晦日の内定者インタビュー「センスは努力の積み重ね」

みなさんこんにちは。

キャラクターデザイン科のコマガタです。

 

2020年も今日で終わりですね。

今年は時間の経過がとても早く感じられました。

 

時代の流れが急激に変えられた年でした。

 

そんな中、キャラクターデザイン科の2年生は頑張り続けています。

 

今回は

 

進路をシフトチェンジし、広告デザイン制作会社から内定をいただいた2年生へインタビューです!

 

 

 


新潟県出身の三本さんです。

それではよろしくお願いします。

 

 

-内定をいただいた企業様は?-

三本「株式会社ビットA様で内定をいただき、広告業をすることになっています。」

 

 

-株式会社ビットA様を選んだ理由は何ですか?-

三本「選んだ理由は、デザインっていうかキャラクターデザインとは違って、グラフィックのデザインに興味を持ったからです。」

 

 

-なぜグラフィックデザインに興味を持ちましたか?-

三本「興味を持った理由は、元々キャラクターを描く仕事がしたくてJAMのキャラクターデザイン科に入学したんですけど、授業の中でデザインをメインにやる授業があって、その中でキャラクターだけでは出せない味がすごく込められていて、そこに惹かれたからです。」

 

 

-三本君が思うグラフィックデザインって何ですか?-

三本「僕が思うグラフィックデザインは、知識を形にすることだと思っています。

「センス」って言葉がありますが、自分はセンスというものはこの世にないと思っていて、結局センスがあるかどうかも「努力の積み重ね」っていうか、どれだけ自分で知識を得て、それをその場で出せるかってのが結局大事で、それが要は周りから見たら「センス」だねって言われるものだと思っています。

結局は自分がどれだけ知識を得られるかだと思っています。」

 

 

グラフィックデザイン業界にシフトすることは怖くなかったですか
?-

三本「いや、自分は全く怖くなかったですね。そもそも自分が新しいものが好き、知らないものを知るのがすごい好きでした。キャラクターデザインは元々落書きとして描いていたんですけど、デザインに関しては入学して初めてやったんで、もう本当に新しいことだらけで毎日がすごい楽しかったです。

 

 

学校生活で楽しかったことは何ですか
?-

三本「1番楽しかったのは、オープンキャンパスのスタッフとして働かせてもらったことです。スタッフとして参加して、同じスタッフとして参加している他の方々や先輩と、深く繋がることができたのもすごい嬉しかったし、ためになることもたくさんありました。

あとゲストさんが来てくれるんですけど、その人達とも話してちょっと仲良くなったりもできたんで、それもすごい楽しいことでもありました。

キャラクターデザイン科の僕らの学年は、AクラスBクラスがあるんですけど、スタッフとして参加して初めてBクラスの子と話して、今では一緒にゲームするくらいめちゃくちゃ仲良くなったんで、本当にオープンキャンパススタッフはやって良かったなって思ってます!

 

 

就活を終えてみてどうですか
?-

三本「やっぱり・・・だいぶ重荷が外れたかなって感じがしますね。就活中はかなりストレスを感じてたんだと思うんですよ。身体が重かったりしていたので。

それが終わってだいぶ気が楽になったけど、入社に向けてやらなきゃいけないこともたくさんあるので、また気を引き締めないとなっていうのはあります。今までと違った意気込みで生活できるかなって感じですね。」

 

 

入社までにやりたいことは何ですか
?-

三本「グラフィックデザイン業界を目指し始めた時に、ゲームポスターを練習で作ったんですけど、初め立たばかりであまり知識がなかったってこともあるので、ちょっと知識が増えた今の状況でその時とは違うデザインでポスターを制作してみたいなって思ってます。」

 

 

入社後のキャリアビジョンは
?-

三本「最初はやっぱり広告を制作させていただくと思うんですけど、ゆくゆくはディレクションをやってみたいです。ディレクションができるということは、それだけ知識も技術も付いていてそれを表に出せるってことなので、そこまで高めてそういう立場に立ちたいです。」

 

 

-グラフィックデザイン業界を目指す人にアドバイスをお願いします。

三本「もしかしたら最初は自分と同じように、違う目的でJAMに入学してくる人もいるかもしれませんが、その中できっとやりたいことが変わって、グラフィックデザイン業界などを目指す人がいるかと思います。進路をシフトチェンジした時に、周りからいろいろ言われることもありました。でも結局言われたところで実行するのは自分だから・・・周りから何と言われようと関係ないので、どんどん勉強した方がいいです。

あと、学生のうちに「完璧」になろうとしない方がいいかなって思います。完璧なんてこの世にはないし、完璧があったらつまらないので。どれだけ上を目指せるかっていうのは完璧がないからできるものだから・・・自分の中の80%くらいを目指して、さらにその上を目指していこうとすれば、きっとうまくなっていくし、うまくなるからこそ成功すると思います。

勉強することは大事なんですけど、完璧ではなく、あえて課題を残すことを意識しています。今後社会人になっても完璧を目指すのではなくあえて課題を残すことで上を目指していこうと思ってます。

みなさんもぜひ頑張ってください!

 

 

 


三本さん、ありがとうございました!

 

三本さんはキャラクターデザイン科で勉強する中で、一番自分に合ったことを見つけていきました。

イラストを描くことがデジタルの全てではなく、様々な表現があります。

 

 

JAMのキャラクターデザイン科は、ゲーム業界を目指す学科ですが、デジタル全般の勉強をするので、就職の幅が広いです!!

 

ゲーム2DCGデザイナー、ゲーム3DCGデザイナー、アニメ3DCGデザイナー、アニメ背景デザイナー、グラフィックデザイナー、webデザイナー、エフェクトデザイナー、映像CGクリエイターなどなど・・・。

 

年末のこの時期に結果を出しました。

 

今後も内定の報告をさせていただきます!

 

以上、キャラクターデザイン科のコマガタでした。

 

 

三本さん。

内定おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\JAMを動画で体験!視聴回数10万回突破!学校紹介動画!/

 

 

⭐webオープンキャンパス開催中

JAM校舎に行けない(>_<)!という方は

おうちで進路研究をしよう!

いつでも申込可能♪

・学校紹介

・学科紹介

・体験紹介

・入試説明

・学費説明

などを動画で視聴!

動画なので何度も視聴可能(*’ω’*)♪

じっくり見てみてね!

 

 

 

資料請求はコチラ

こちらをタップ!

 

お問合せはコチラ

メール→jam@nsg.gr.jp

LINE→友達登録後フルネームを送ってね!

お電話 →0120-964-308

 

 

SNS公開中!

それぞれの画像をタップ!

 

 

一覧を見る