News & Blog 【マンガクリエイト科】漫画家になりたいならウチんとこ来いっ!専門学校講師が伝える漫画家に必要な事⑦

【マンガクリエイト科】漫画家になりたいならウチんとこ来いっ!専門学校講師が伝える漫画家に必要な事⑦

コンニチハ!マンガクリエイト科の児玉です!

読書の秋、マンガの秋ですね♪

さて、児玉のウチ来いコラムです。

 

「マンガを上達するためには完成作品を多く描く!」

ということについて!

 

「漫画をうまく描けなくて…難しいんですよねー」

という言葉を高校生や学生達からもよく聞きます。

 

確かにマンガは難しいです!簡単ではありません!

『「難しい」という理由で良く聞くワードベスト5』はコレっ!

 

1.たくさんページを描く

2.起承転結が解らない

3.コマ割りが解らない

4.ポーズが描けない

5.お話が思いつかない

 

皆さんも感じたことはありませんか?

では、この「難しい」を克服するためには、どうしたらいいか!?

ズバリ「完成品を多く描く」というとです!

 

マンガを読んだことがない人はいないのではないでしょうか?

見よう見まねで描きましょう、まずはそこから!

ルールなんてひとまず置いといて、ペンと紙があったら出来る!

i-padがあれば落書きアプリで描いちゃえばよいです!

スマホで描いたマンガが新人賞を獲る時代です!

 

完成品とは?

1Pでも完成品です。1コマでも完成品です。

下書きを消して、ペン入れされている。

トーンはあってもいいし、カラーなんかでも構わない。

セリフを入れた完成品。1コマでもです。

 

漫画のページは1コマから無限大まで、長さは作者の自由です。

だからこそ、最近のTwitterや、SNSなどにあるワンカットマンガなんかは

とても良い練習ですね!

 

物語を描きたいなら、起承転結を意識しすぎず

バトルシーンだけ描いたり、会話シーンだけ描いたり、思いついた事を形にする。

それに最初と最後をそれらしく付け足して1本完成。

面白いかどうかは置いといて。

完成品を多く作りましょう!

コマ割りや、起承転結が自ずとわかってきます。

 

コマ割りや起承転結は「リズム」ですので

描いている途中で面白いか、よくできてるかどうかが、「解る」のは手練れです!

誰だって最初は解るはずがありません。

だからひとまず完成させてみて、それがどうだったか?

を感じて、初めて+αの上達になりえるのです。

その完成させた回数が多い人、即ち連載漫画家は

仕事をしながら上達しているわけです!どんどん面白くなって当然!

恐れず、完成させまくってください!!

 

マンガを描こうと思う人は

「伝えたい」ことがあります。

誰かに何かを「伝えたい」と思ったら

1コマからでもマンガを描いてみませんか?

それを、継続するのが漫画家の仕事です。

 

 

 

NHKで浦沢直樹先生の漫勉neoが始まりました。

とてもうれしいです。

ちばてつや先生、御年81歳で現役。頭が下がります。

その先生がキャラクターを描き生み出してる姿、継続こそ力なり。

そしてそんな先生が、鬼滅の刃を読んでいる…若い作品にも

眼を見張る探求心。脱帽です。

児玉も頑張ろうという気持ちになりました!

 

次回は、「セリフが大事!」

コダマデシター!

 

 

 

 

 

 

JAMを動画で体験!学校紹介動画!/

 

 

⭐webオープンキャンパス開催中

JAM校舎に行けない(>_<)!という方は

おうちで進路研究をしよう!

いつでも申込可能♪

・学校紹介

・学科紹介

・体験紹介

・入試説明

・学費説明

などを動画で視聴!

動画なので何度も視聴可能(*’ω’*)♪

じっくり見てみてね!

 

資料請求はコチラ

こちらをタップ!

 

お問合せはコチラ

メール→jam@nsg.gr.jp

LINE→友達登録後フルネームを送ってね!

お電話 →0120-964-308

 

SNS公開中!

それぞれの画像をタップ!

 

 

 

 

一覧を見る