News & Blog 【キャラクターデザイン科】授業はデジタルのみ??

【キャラクターデザイン科】授業はデジタルのみ??

みなさんこんにちは。

キャラクターデザイン科のコマガタです。

キャラクターデザイン科は

 

ゲーム業界を目指す=ゲーム制作会社に就職を目指せるよ!

 

という学科です。

先週のブログでもお伝えしましたが、

ゲームのデザイナーの他にも様々なジャンルのお仕事に就くことができます。

いづれも「デジタル」に特化した就職です。

 

なのでよく質問されることは、

 

「授業はデジタルのみですか?」

 

です。

 

なるほどなるほど。

 

そこで今回はキャラクターデザイン科の授業をいくつかご紹介していきます。

 

 

 

 


【基礎デッサン】

 

 

 

 

 

 

 


「基礎デッサン」は、基礎画力を上げる授業です。

質感、光と影の関係を理解するための重要な授業です。

キャラクター表現の幅を広げます。

 

【背景パース】

 

 

 

 

 

 

 


「背景パース」は、キャラクターを魅力的に引き立たせるための重要な要素、背景の描き方を勉強します。

遠近法、空間表現を基礎から学び、ゲームに登場するような風景や建物を立体的に表現する力を身につけます。

 

【構図テクニック】

 

 

 

 

 

 

 


「構図テクニック」は、どうやったらキャラクターをよく見せることはできるのかの「見せ方」とは何かを論理的に考える力を身に付けます。

 

【キャラクターデッサン】

 

 

 

 

 

 

 


「キャラクターデッサン」は、顔(表情など)・手・脚はもちろん、全身の骨格や筋肉のつき方を理解し、全身像から人体の動きやポーズを作画します。

 

【実践ビジネスマナー】

 

 

 

 

 

 

 


「実践ビジネスマナー」は、社会人としてどの業種でも必須なスキル、ビジネスマナーを学ぶ授業です。イラスト技術はもちろんですが、挨拶、表情、言葉使い、礼儀などを学びます。

 

まだまだ授業はあります。

今回ピックアップさせていただいた授業は、すべてデジタルではなく

「アナログ」なんです。

 

アナログなんです!!

 

キャラクターデザイン科、特に1年生の授業は半分がアナログ授業です。

 

「デジタルが苦手」

「デジタルでうまく描けないから不安」

 

など、入学前に様々な声を聞きます。

しかし、アナログの基礎画力を身に着けることができれば、

デジタルイラストは問題ありません。

逆にアナログで描けないとデジタルでも描けないものです。

 

まとめると

 

 

アナログ(鉛筆など)デジタル(PCを使用)も絵を描く画材の一つ』

 

 

だということです。

 

キャラクターデザイン科で学べば、アナログの画力も上がります。

もちろんデジタルでの画力も上がります。

 

学生もデジタル初心者が多い中、メキメキ上達しています。

これからもどんどん作品をお見せしていきたいと思います。

JAMのInstagramではキャラクターデザイン科の作品が多数アップれているので、

そちらもご覧ください。

 

キャラクターデザイン科のコマガタでした。

 

 

 

 

 

 

\JAMを動画で体験!学校紹介動画!/

 

 

⭐webオープンキャンパス開催中

JAM校舎に行けない(>_<)!という方は

おうちで進路研究をしよう!

いつでも申込可能♪

・学校紹介

・学科紹介

・体験紹介

・入試説明

・学費説明

などを動画で視聴!

動画なので何度も視聴可能(*’ω’*)♪

じっくり見てみてね!

 

 

 

資料請求はコチラ

こちらをタップ!

 

お問合せはコチラ

メール→jam@nsg.gr.jp

LINE→友達登録後フルネームを送ってね!

お電話 →0120-964-308

 

 

SNS公開中!

それぞれの画像をタップ!

 

 

 

 

webオープンキャンパス開催中

JAM校舎に行けない!という方はおうちで進路研究をしよう!
いつでも申込可能♪

  • 学校紹介
  • 学科紹介
  • 体験紹介
  • 入試説明
  • 学費説明

などを動画で視聴!動画なので何度も視聴可能!じっくり見てみてね!

資料請求・お問い合わせはこちら

まずは学校のことを知りたい方はこちら!

JAM公式LINE 6つの登録メリット!

各種SNSでJAMをもっと知ろう

一覧を見る